デリケートゾーン,石鹸,カンジタ,かゆみ,おすすめ

カンジダ治療中でもデリケートゾーンをケアできる?

 

おりものの異常と激しい痒みが特徴的なカンジダ。
5人中1人は感染経験があるという調査報告もあるほど女性の感染症の中では断トツで多いと言われているのですが、あの痒みといったら本当に我慢ができません。

 

特に夏場!
どんなに下着で調節しても、ムレてしまってなおさらかゆい…

 

カンジダに感染したとしても、病院で治療すれば1週間ほどで治りますが、その間、普通の石けんがしみたり、痛かったりしてきちんと洗えないと、治りも遅くなってしまいます。薬以外でもケアできるといいですよね。

 

そんな時に見つけたのが、カンジダ治療中でも安心して使える石鹸、【KADASON BODY SOAP】です!

 

刺激が少ないのでデリケートゾーンにもそれ以外にも、カンジダを含むデリケートゾーンのトラブルを治療中でも、敏感肌の方でも安心して使えちゃうんです♪

 

デリケートゾーン用の石鹸はたくさんあるのですが、私が【KADASON BODY SOAP】に決めた理由と使い心地を全部!お教えしていきます。


デリケートゾーンにも安心!KADASON BODY SOAP

まずは、なぜデリケートゾーンにも安心なのか、デリケートゾーンの治療をしていても使うことができるのか、【KADASON BODY SOAP】に含まれる主成分から見てみましょう♪

成分 効果
グリチルリチン酸2K 甘草の根や茎から抽出・生成された成分で、抗炎症作用や抗アレルギー作用があります。皮膚科でも使用されている安全な成分で、トラブルの治療中でも優しく肌をケアしてくれます。
サリチル酸 殺菌・抗炎症作用がる合成有機化合物の一つで、医薬品にも使用されています。ニキビ予防としても使用される成分です。
コカミドDEA ヤシ油から作られる非イオン系界面活性剤。クリーミーな泡立ちが特徴で、肌に優しく刺激が少ないのが特徴です。
シロキクラゲエキス 食用キノコの一種、シロキクラゲから抽出されるエキスで、優れた保水力をもっています。肌に優しい天然成分です。
シャクヤク根エキス

ボタン科の多年草であるシャクヤクから抽出されたエキスで、抗炎症作用、保湿効果、血行促進などの効果があります。
葛根湯など多くの漢方薬に含まれています。

チャ葉エキス チャ葉から抽出されたエキスで、消炎作用、保湿作用、酸化防止作用などの効果があります。また、デオドラント効果もあり、皮膚を清潔に保ってくれます。
クララ根エキス マメ科の植物であるクララの根から抽出されるエキスで、保湿作用、血行促進作用、抗菌作用などの効果があります。
レイシエキス サルノコシカケ科の植物であるマンネンタケの子実体から抽出されるエキスで、消炎作用、保湿作用、細胞活性作用などの効果があります。

 

 

このように、成分の多くが抗菌作用、抗炎症作用のあるもで、それらで構成されているからこそ【KADASON BODY SOAP】は肌に優しく、デリケートゾーンのトラブル時にも安心して使うことができるんですね♪

デリケートゾーン,石鹸,カンジタ,かゆみ,おすすめ


気になるニオイ…デリケートゾーンは洗ってもいいの?

 

デリケートゾーンは見えない部分ですが、だからこそ丁寧にお手入れしたいところ。
特にムレやすい時期には臭いも気になりますよね…。でも臭いが気になるからと言って普段のボディーソープでゴシゴシ洗えば、石鹸がしみてしまったり、最悪の場合には更に臭いがきつくなってしまったりと、反対にトラブルを招いてしまうことにも…(涙)。

 

デリケートゾーンについて「ちょっと気になる!」を少し詳しく調べてみました。

 

 

デリケートゾーンの自浄作用

デリケートゾーンにはもともと常在菌が存在しています。その菌がデリケートゾーンを酸性に保っているのですが、それによって細菌の侵入や繁殖を防ぐことができているんですって。これがデリケートゾーン本来のもっている力なんですね。
つまり、自分で自分を守る自浄作用があるということなんです。

 

 

デリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンは身体の皮膚のなかでも特に薄く、外部からの刺激に弱い部分です。更に複雑な構造となっているため洗いにくく、顔など他の部位に比べると汚れを落としにくい部分でもあります。汚れが残ってしまうことで臭いがきつくなったり感染症などのトラブルを招きやすくなってしまいます。

 

傷をつけず汚れをしっかりと落とすためには、指の腹を使って泡で優しく洗うことを意識してみて下さい!
また、大腸菌などの雑菌が膣内に入らないよう「前から後ろ」が基本です!つまり、陰毛⇒デリケートゾーン⇒肛門の順です。ちょっと手間はかかりますが、女性として大切な部分なので、しっかりケアしたいですよね。

 

 

デリケートゾーンを石鹸で洗うときに気をつけたいこと

常在菌によって酸性に保たれているデリケートゾーンを石鹸で洗うことで酸性が保たれなくなってしまうと、細菌が侵入・繁殖しやすい状況になってしまいます。
え?石鹸で清潔になるんじゃないの?と思いがちですが、きれいにしすぎると反対に細菌が増えやすい環境につながってしまうというのです…Σ(゚д゚lll)

 

でも、清潔に保たなければこれまたトラブルの原因になってしまう…つまり、石鹸選びがとっても大切なんだということがわかります。

 

 

石鹸を選ぶ3つのポイント

そこで、デリケートゾーンケアのための石鹸を選ぶポイントを3つにまとめてみました!

 

低刺激であること

 

酸性の保たれた環境をできるだけ崩さないために、石鹸も弱酸性のものを使用します。
通常、ボディーソープは洗浄力の高いアルカリ性のものが多いんです。しつこい汚れもきれいになれば気持ちがいいものですよね。でも、洗浄力が高すぎると常在菌まで洗い流してしまい、身体が本来もっている力までも弱まらせる結果になってしまうんでした。

 

石鹸を選ぶなら、何がなくとも低刺激のものを!
【KADASON BODY SOAP】は専門医の監修で常在菌に着目して作られた低刺激な石鹸なので、安心して使用できます^^

 

 

界面活性剤が配合されている場合は非イオン系界面活性剤のものを

 

界面活性剤=敵!という見解もあるようですが、界面活性剤を避ける方が難しいと言われているほど、現代を生きる私たちの生活には界面活性剤が使用されています。ドレッシングやアイスクリーム、ホイップクリームなどは誰もが口にしたことがある食べ物だと思いますが、これらにも界面活性剤が使用されているんです。

 

気をつけたいのは、使用されている界面活性剤がイオン性か非イオンかという点。
界面活性剤は肌の深層部に行き届いてしまうと、刺激も強くなってしまいよくありません。イオン性の界面活性剤は水に溶けるので肌の奥深くまで浸透するのに対し、非イオン系のものは水に溶けないので深層部まで浸透しないんです。【KADASON BODY SOAP】に含まれる界面活性剤は非イオン系のコカミドDEAなので刺激も少なく、デリケートゾーンや乾燥肌の方でも安心して使用することができます。

 

 

保湿成分がしっかりと含まれていること

 

低刺激なことを一つ目のポイントとして挙げましたが、低刺激なことに加え、潤いを奪ってしまわないことも大切なポイント。乾燥肌ってかゆみを伴いますよね?同じように、デリケートゾーンも乾燥がかゆみや他の炎症を引き起こしてしまう可能性があります。しっかり洗浄ができるけれど潤いは失わない、というのが大切なんです!!

 

【KADASON BODY SOAP】には保湿作用がある天然成分が豊富に含まれています。そのため乾燥肌にも効果があり、全身で使い心地の良さを感じることができるんです♪

 

 

デリケートゾーンの臭いや黒ずみ対策

 

低刺激石鹸を使用する以外にも、デリケートゾーンの臭いや黒ずみの対策があります。
女性としてきちんとお手入れをしておきたいデリケートゾーン。臭いや黒ずみが気になっている方は、こんなことにも注意してみて下さい!

 

  • トイレのあとには赤ちゃん用のおしりふきなどで丁寧に拭き取る
  • ナプキンやおりものシートはこまめに取り換える
  • 締め付けの強いパンツやガードルはなるべく避ける
  • ピタッとしたパンツを履くときはさらに上記を意識する

 

デリケートゾーンはムレないようにすること、清潔にすることが大切なんですね^^

デリケートゾーン,石鹸,カンジタ,かゆみ,おすすめ


低刺激石鹸 KADASON BODY SOAP を購入するなら♪

では、実際に購入する場合、どこで注文をすればよいのか、支払いはどうすればいいのか、またせっかく購入するなら知っておきたいお得な情報も併せてまとめています。参考にしてみて下さいね♪

 

どこで購入できるの?

KADASON BODY SOAPはドラッグストアや量販店などでは販売していません。購入をする場合は専用HP、Amazon、楽天からとなります。

 

購入前にサンプルで試してみたいと思う方もいるかもしれませんが、どうやらサンプルの提供はしていないようです…。KADASON BODY SOAPを試してみたいけど気になる点もあるという方は、ぜひ専用HPのお問い合わせフォームで質問をしてみて下さいね^^

 

お得な割引を利用しよう!

購入にあたり、3本まとめ買いや、2本定期注文コースを申し込むと、お得な特典があります♪

 

  • 3本まとめ買い

単品だと通常3,218円(税込み)+送料650円ですが、3本まとめ買いをすると1本無料追加のサービスが♪金額も9,655円(税込み)と、完全に3本分のお値段だけ!さらに送料も無料になるなんて嬉しすぎます(#^^#)

 

  • 2本定期注文コース

定期的に2本ずつ購入するというこちらのコースは、毎回の購入金額が5,150円(税込み)なので、1,286円(20%)もお得に購入できちゃうもの。しかも送料も無料!解約も自由ですし、なんと一度だけの注文でも定期中門コースとして申し込むことができるというのだから驚き!この場合、もはや定期ではないですよね(;・∀・)

 

日付、曜日、または初回の配送日から希望の間隔で配送日を指定することができます!
このサイクルは自由に設定できるので、商品の使用頻度に合わせて配送ペースの調節が可能に♪とっても嬉しいですよね!配送の間隔も20日から120日の間で設定することができますよ〜!

 

注文の確定は、配送予定日の5日前だそうです!カード支払いで引き落とし日が気になる方は、配送日5日前の決済がいつの請求になるかを確認してみて下さいね。

 

支払方法は?

クレジットカード・Amazonペイメント・代引決済、GMO後払いの中から選ぶことができます! 代引決済の場合は手数料324円、GMO後払いの場合は手数料150円が別途必要となるようです。

 

ちなみに定期コースを希望する場合は、Amazonペイメントは選択ることができないようです。お得に購入したい方は、専用HPからの申し込みがいいですね♪

 

洗うだけなのに高いのでは?

金額を見て、洗うだけのボディーソープなのに高くない!?と思った方もいるかもしれません。
でも、他社のデリケートゾーン用石鹸と比べてみるとわかるように、内容量や金額、使いやすさを併せて見てみると、決して高いものではないんです。

商品 内容量 価格 状態
KADASON BODY SOAP 250ml 3,218円(税込み) 液体
コラージュフルフル 150ml 1,944円(税込み) リキッド、泡
フェミゾーンケア 200ml 3,780円(税込み)
ヴィーナスラボ ジャムウクリアナノソープ 100g 1,400円(税別) 固形
ドルチェローズ 生ジャムウソープ 80g 1,600円(税別) 固形

 

固形石鹸は比較的安価で手が出しやすいのですが、しっかり泡立てないと汚れ落ちがあまりよくないんです。それに、時間が経つと石鹸表面の結晶構造が変わってしまい、水に溶けにくい状態になってしまいます。よく学校のトイレにある石鹸が古くなると手になじみにくくなった経験ってありませんか(^^;)

 

やはり日常的に使いやすいのは液体のもの。
KADASON BODY SOAPは内容量でも満足の250mlとたっぷり入っています!

デリケートゾーン,石鹸,カンジタ,かゆみ,おすすめ


カンジダ、敏感肌も KADASON BODY SOAP でケアしてます

カンジダを発症してしまった方、敏感肌の方、さらにはご家族でKADASON BODY SOAPを使用しているという方の感想を集めてみました♪

 

 

〇体の調子が悪くなるとカンジダが再発してしまうのでいつも悩んでいました。そんな時こちらの商品を見つけました。

カンジダ治療中でも使えるので嬉しいです。(くるみんさん)

 

〇デリケートゾーンの臭いが気になり購入したのですが、臭いにはもちろんしっとり感もありました。成分に好感が持てたので洗顔にも使ってみたところ、さっぱりした洗い上がりで、肌がすべすべになりました。(mariさん)

 

〇治ったと思っても再発してしまうカンジダに悩み、購入しました。もともと乾燥肌だったのですが、これに変えてからは肌トラブルが起きづらく、頭以外は全身これを使って洗っています。(まぁこさん)

 

〇忙しい時期と生理前の免疫低下がきっかけでカンジダになりました。再発の可能性が高いと知り、いろいろ調べてこちらを購入。今のところ再発は防げています。

旦那も気に入ってくれているようで、我が家では併用しています。(野原ゆきさん)

 

〇私が使用するために購入しましたが、乾燥肌が気になる息子(10歳)の肌にも合うことがわかり、今では旦那、息子、私と、家族全員で使用しています。(作田さん)

 

〇デリケートゾーンのケアについて婦人科で相談もしていましたが、何が自分に合っているのか迷走していました。こちらの商品を購入して、使ったその日から気に入りました!(さくらさん)

デリケートゾーン,石鹸,カンジタ,かゆみ,おすすめ


カンジダの効果的なケアと予防法

 

女性の間では身近な感染症のひとつ、カンジダは、膣や外陰部といったデリケートゾーンがかゆくなり、ひどい場合はおりものがカッテージチーズのように白くポロポロしたものになったり、さらに臭いも出てくる厄介な病気ですよね。

 

ちょっとでもおかしいと感じたときは、まずはきちんと病院で検査を受けましょう。 
市販の薬もありますが、診断を受けずに自分の判断で購入するのは危険です。(別の感染症だった、薬が肌に合わないなどの可能性があります。)

 

きちんと病院にかかると薬を処方してくれるので、1週間程度で治すことができます。

 

カンジダは再発率が高い!?

膣カンジダは治療をすれば1週間程度で完治しますが、実はとっても再発しやすい病気なんです!!
1年以内に2回以上カンジダにかかってしまったという女性が約4割もいると言われているんです。

 

性行為だけが感染ルートなのではなく、体力が低下したときやホルモンバランスの乱れたときにもかかりやすくなるそう。
一度カンジダ症にかかったことがある方は、再発防止のために

 

  • 生活習慣の改善、見直し
  • デリケートゾーンの丁寧なお手入れ

 

などを意識してみましょう!

 

カンジダにならないために

カンジダは、免疫力が落ちたときに感染しやすい病気でもあるので、

 

  • バランスのよい食事
  • 睡眠時間の確保

 

などを普段から意識をして生活をするといいですよ。また過度のストレスや疲れも感染の原因に。ストレスや疲れはため込まないようにしたいですよね。
食事は、ヨーグルトや納豆など乳酸菌の含む食べ物を積極的にとるようにすると、デリケートゾーンを弱酸性に保つお手伝いになります。

 

 

カンジダ菌はカビの一種なのですが、ムレたり汚れている状態が続くと繁殖しやすい環境になってしまいます((+_+))
カンジダ菌を繁殖させないためにも、デリケートゾーンは丁寧に洗うことが大切です。

 

とはいえ、普段使用している石鹸やボディーソープでゴシゴシ洗ってしまうと、デーデルライン桿菌という膣内部を自浄してくれる菌まで洗い流してしまう可能性があるんです!
なので、洗浄力が強すぎず、かつしっかりと汚れも落としてくれる専用のボディーソープが必要なんですね。

 

また、デリケートゾーンのムレを防ぐには、

 

  • アクリルやポリエステルなど化学繊維の下着はなるべく避ける
  • きついサイズの下着を避け、できるだけサイズにゆとりのあるものを選ぶ

 

などを意識するといいですよ。

デリケートゾーン,石鹸,カンジタ,かゆみ,おすすめ


まとめ

 

カンジダの時にはもちろん、臭いや黒ずみが気になるデリケートゾーンは、普段からしっかりとお手入れしておきたいもの。ただし、体調によってはいつものボディーソープが、カンジダの引き金になっていたかも。

 

カンジダ治療中でも、臭いや黒ずみが気になるときでも、KADASON BODY SOAPなら安心して使っていられます。

 

デリケートゾーンにも身体にも洗顔にも、KADASON BODY SOAPをぜひ一度試してみてくださいね(*^_^*)


デリケートゾーン,石鹸,カンジタ,かゆみ,おすすめ

更新履歴